養命酒だよりへの掲載のお知らせ

養命酒だよりへの掲載のお知らせ

 養命酒のユーザー様向け会報誌「養命酒だより 春号(2017.3)」におきまして、梅薫堂のお線香づくりを取り上げていただきました。
 手づくりお線香へのこだわり、また、これらの伝統をこれからも絶やさず守っていきたいという思いについて、職人の語りを通じてご紹介いただいております。

養命酒だより春号(2017.3)

養命酒だより春号(2017.3)

 「養命酒」といえば、今から約400年前、創始者塩澤宗閑翁の健康への願いから創製され、今日まで造り続けられております。それぞれの特徴を活かして配合された14種類の生薬の相乗作用から、薬用養命酒の滋養強壮剤としての効能を生み出しているとのことです。

 生薬や生薬由来の成分を配合することによって、様々な効果や効能を引き出す点についてはお線香づくりも同じで、人類が長年かけ、経験を積み重ねて育んできた叡知であると考えます。
 私どもは“香り”というアプローチを通じ、養命酒製造株式会社様と同様、皆さまの健康に貢献できればと考えております。

 養命酒だより 春号(2017.3)をご覧になる機会があれば、是非ともよろしくお願いします。
養命酒製造株式会社

関連記事

ピックアップ情報

唐招提寺

2016.6.7

鑑真和上と空薫物のはなし

鑑真和上と空薫物  奈良時代後期になると、仏に供える香と区別して日常生活のなかでお香を楽しむようになります。やがて平安時代には…

おすすめ情報

ページ上部へ戻る