梅薫堂ロゴのはなし

梅薫堂ロゴ

梅薫堂ロゴマークと「梅」

 梅薫堂は~梅が薫る~という社名にちなんで、「梅に鶯(うぐいす)」をあしらったデザインのロゴマークを昭和53年より使用しています。このページをご覧の皆さまの中には、もしかしたら下記のロゴマークに馴染みのある方もいらっしゃるかもしれません。
 また、このロゴマークは多くの商品パッケージに印刷されていますので、機会があればぜひ探してみてください。

従来の梅薫堂ロゴ

従来の梅薫堂ロゴ

 梅薫堂では「初梅」・「梅の薫」・「梅壇香」・「梅錦」・「京冠梅」といった「梅」にちなんだ商標・商品ブランドを多数持ちます。また、「備長炭麗 梅のかおり」のように、時代に合わせた「梅」をテーマにしたお線香を開発し、市場に提案してまいりました。

 まさに梅薫堂にとって「梅」はシンボルです。

 そんな中、私たち梅薫堂は世界展開を意識して、2010年にロゴマークを新たに制定しました。新たなロゴマークのコンセプトは、「梅の5枚の花びらが5大陸を現し、世界中に梅薫堂の香りが発信されること」。「梅」をモチーフにした、毛筆調の躍動感あふれるデザインです。(なお、このホームページの中にも、新しいロゴマークが随所に用いられていることにお気づきでしょうか?)

新しい梅薫堂ロゴ

新しい梅薫堂ロゴ

 伝統を守りつつも世界にイノベーションを起こす商品を提案すること、そして、世界中の皆様に愛され、お役に立てるお線香のメーカーとなれるよう今後も精進してまいります。

※梅薫堂ロゴマークの無断転用はお控えください。

関連記事

ピックアップ情報

唐招提寺

2016.6.7

鑑真和上と空薫物のはなし

鑑真和上と空薫物  奈良時代後期になると、仏に供える香と区別して日常生活のなかでお香を楽しむようになります。やがて平安時代には…

おすすめ情報

ページ上部へ戻る