その他のご質問

その他

 お線香の作り方や歴史等については、「歴史と香りの街」のリーフレットを参考にされると良いと思います。

 リーフレットについては、兵庫県線香協同組合にお問い合わせ下さい。

 お尋ねのお香とお線香の違いについてですが、お線香は、お香の一形態です。

 ご仏前に香をたくのは、霊前の供養、俗塵を清めるためと言われています。

 香には、練香(ねりこう)や抹香(まっこう)などの形態がありますが、お線香は練香の一形態です。なぜ線香が普及したかというと、一定の香りを長く維持できるからです。

かつて、江井地区には当時約260件の線香製造所がありました。

ゆえに、弊社のお線香かどうかわかりません。
当時のお線香製造の歴史は、淡路市商工会にお問い合わせください。

 お香をたいたときに部屋に残る「残り香」を取り去るのであれば、弊社の「備長炭麗 森のかおり」をご使用下さい。

無香タイプでお部屋を消臭します。燃焼時は、上記の爽やかな自然のかおりがしますが、残り香がでないように作られております。備長炭木酢液に含まれる身体に良い成分、例えばポリフェノール成分をお部屋に漂わせながら、消臭・清浄効果(紀州備長炭効果)でお部屋を快適にします。

お部屋(仏前)の残り香、衣類への移り香対策として大変好評な商品です。

お線香はお香の一形態と思って頂いて構いません。

Load More

ピックアップ情報

2019.4.2

神戸のタウン誌-月刊神戸っ子KOBECCO4月号への掲載のお知らせ

神戸のタウン誌-月刊神戸っ子月号『Mercedes-AMG C 43 4MATIC Cabrioletで行く 伝統芸能と工芸が息づく淡路島…

おすすめ情報

ページ上部へ戻る