六十一種名香のはなし

慈照寺銀閣

六十一種名香

 名香とは、「名物の香」の略語であり、由緒正しく、香りのよい最上級の香木のことを指します。しばしば、数々の名香を数で区切って、佐々木道誉の百八十種名香や、山上宗二の十種名香のように○○種名香と呼ばれることがあります。

 その中でも、足利義政の命により、志野流香道の始祖である志野宗信、御家流香道三条西実隆が選んだといわれるのが「六十一種名香」であり、日本の香道における規範的な存在として尊重されています。その内訳は下記の通りです。

法隆寺・東大寺(蘭奢待)・逍遥・三芳野・紅塵・枯木・中川・法華経・花橘・八橋・園城寺・似・不二の煙・菖蒲・般若・鷓鴣斑・青梅・楊貴妃・飛梅・種島・澪標・月・竜田・紅葉の賀・斜月・白梅・千鳥・法華・臘梅・八重垣・花の宴・花の雪・名月・賀・蘭子・卓・橘・花散里・丹霞・花形見・上薫・須磨・明石・十五夜・隣家・夕しぐれ・手枕・有明・雲井・紅・泊瀬・寒梅・二葉・早梅・霜夜・七夕・寝覚・東雲・薄紅・薄雲・上馬

 雅やかで風流な名前が並びますが、これではなかなか覚えら得ないので、名香六十一種名寄文字鎖(めいこうろくじゅういっしゅなよせもじくさり)といって七五調の歌にしたものもあります。

それ名香の数々に にほひ上なき蘭奢侍 いかにおとらん法隆寺 逍遥・三吉野・紅塵や やどの古木の春の花 ながれたえせぬ中川と とくに妙なる法華経は 花たちばなの香ぞふかみ みかはにかくる八橋の 法のはやしの園城寺 しかはた似うらみそふ ふじの煙の絶えやらじ しげる菖蒲にふく軒ば 般若・鷓胡斑・青梅よ よにすぐれたる楊貴妃の のどけき風に飛梅は 花のあとなる種が嶋 またも浮き世に身をつくし 白妙なれや月の夜に にしき竜田の紅葉の賀 かたぶく斜月・白梅よ 夜さむの千鳥浦つたふ ふかき教えの法花こそ そこぞと匂う鑞梅や 八重垣こめし花の宴 むもるる花の雪をみめ 名月・賀・蘭子・蜀・橘 名さへ花散里とへば 春の丹霞のたちそひて 手に持ちなれし花かたみ 身の上薫の香を残す 須磨の浦はに夜を明石 しらむもしらぬ十五夜の 軒は隣家に立ちならぶ ふる夕時雨・手枕の のこる有明ほどもなく 雲井うつろふ紅は はなの初瀬の曙か 寒梅・二葉・早梅を をく霜夜とぞまがえけん むすぶ契りは七夕よ 夜は老の身の寝覚せし 東雲はやくうす紅 日陰もさすや薄雲の 上り馬とや名づけけん 六十の香これをいふなり

 さて、これらの名香は全て沈香と呼ばれる種類の香木です。沈香は以前に「香木・香料のはなし -沈香-」でも取り上げたとおり、その生成過程や産地等によって香りが異なります。このような沈香の特性が様々な名香を生んでいることを思うと、沈香というものの奥深さをあらためて思い知らされます。

関連記事

ピックアップ情報

東洋医学と陰陽五行

2016.9.29

匂いの種類のはなし

匂いの種類と分類  お香の世界では、香りの種類を味覚に例えて、甘・酸・辛・苦・鹹(しおからい)の「五味」で表現することがありま…

おすすめ情報

ページ上部へ戻る